【お客様の声】無垢材のフローリングの種類とおすすめウールラグその2

この記事を書いたスタッフ: 畠山

最近ご新築やお引っ越しをされた方から、事務局にもコーディネートのご相談をいただきます。
そんな中で、無垢材の木の床に敷くハグみじゅうたんに関するご相談も増えてきました。

ということで今回は、フローリングとして使われる木の種類と、それに合うハグみじゅうたんをご提案していきます。
ハグみじゅうたんをお使いのお客様からいただいた素敵なお写真もご紹介します!
今回は第二回目。
オーク、ウォールナット、チークについてご紹介します!

【お客様の声】無垢材のフローリングの種類とおすすめウールラグその2 目次

  • オークの無垢材とウールラグ・ハグみじゅうたん
  • ウォールナットの無垢材とウールラグ・ハグみじゅうたん
  • チークの無垢材とウールラグ・ハグみじゅうたん
  • 【お客様の声】無垢材のフローリングの種類とおすすめウールラグその2 まとめ

 

オークの無垢材とウールラグ・ハグみじゅうたん

色味:淡い赤みを帯びた白色→つやのある飴色へ変化
性質:重硬で強度が高く、耐久性が高い。

おすすめのハグみじゅうたん:木目にやさしい印象を持つオーク。
どんぐりのなる木なので、そのイメージもあってかなんとなく温かくほっこりした雰囲気を持ちます。
I様の選んだておりシリーズLR168Cはオークのナチュラルで優しい風合いと本当によくマッチしています。

ハグみじゅうたん全般に言えることですが、じゅうたんの同じ色の部分をよく見ると深い色・淡い色と「ゆらぎ」があるんです。
よく見ないと感じられないかもしれませんが、いつの間にか癒されてしまうような心地よさを持っているんです。
優しく包み込んでくれそうなオークにぴったりですね。

 

ウォールナットの無垢材とウールラグ・ハグみじゅうたん

色味:紫色を帯びた濃い褐色
性質:粘りがあり、衝撃に強いため耐久性が高い。

おすすめのハグみじゅうたん:チーク・マホガニーと並んで世界三大銘木の一つであるウォルナットは、その美しさにファンも多い木材。
O様からは「お客様の声」のお写真を3枚いただきましたが、照明や日の入り方で全く違う表情が見られます。
ウォールナットは木目もしっかり出る材が多く、ダイナミックな印象もありますね。
O様のように、ベースは落ち着いたグラデーションで、少し差し色が入るER6168やER6166の柄は空間を締めてくれる効果をもつため、おすすめです。

 

チークの無垢材とウールラグ・ハグみじゅうたん

色味:金褐色→暗褐色へ変化
性質:使い込むごとに艶が出てくる。
油分が多く、水や摩耗に強いため丈夫。
おすすめのハグみじゅうたん:チークの木目は大らかで、不均一な場合が多いです。
K様のお家では、じゅうたんをてざわり01シリーズのER5718というシンプルな柄にすることで、床やテーブルの木目がぐっと引き立っていますね。
シンプルながら自然素材の良さを感じられるお部屋では、心豊かな時間が過ごせそうです。

 

playlist_add_check【お客様の声】無垢材のフローリングの種類とおすすめウールラグその2 まとめ

いかがでしたでしょうか。
どの無垢の床にも、木目のナチュラルな風合いがハグみじゅうたんにとてもよくマッチしていますよね。
天然素材で呼吸をする性質をもつもの同士なので、見た目だけではなく性質において相性がいいんですよ。
ぜひ前回のパイン、カリン、ヒノキの床の記事もご覧くださいませ♪

もし無垢材の床に敷くラグ選びに困ったら、いつでもお気軽にご相談ください!

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------