Lif/Lin リネンカーテンの遮光性は?

この記事を書いたスタッフ: 前谷

日差しが心地よく、新緑も目が出始め晴れた日はとても気持ちの良い季節になりました。

本日は、リネンカーテンについてご紹介していきたいと思います。
その中で、実際にリネンカーテンをご覧いただくと一般的な化学繊維と違って生地自体ざっくりと織られているため、「光を通しやすいなぁ」と心配に思われる方も多いと思います。 リネンカーテンをご使用いただくにあたって、不安要素の1つでもある、遮光性について本日はお伝えしていきます。

Lif/Linリネンカーテンの遮光性は? 目次

  • リネンカーテンの光の通り具合について
  • 光が通しやすいから寝室には使用できない?
  • 外からの見える透け感は大丈夫?

 

リネンカーテンの光の通り具合について

冒頭でもお伝えしたように、リネンカーテンは一般的な化学繊維のカーテンと違い比較的ざっくりと織られているのが特徴です。


その為、強い日差しを遮るような遮光性は残念ですがありません。
その代わり、リネンの生地に太陽の光が通るとリネンならではの柔らかな光がお部屋に広がります。 生地に光が当たることによってリネンの素材感が現れ、より素材の良さが引き出されます。

リネン生地に遮光性がある生地を付けることもできないこともないとは思いますが、リネンカーテンをご使用する際は、遮光の機能を付けてしまうとリネン特有の透け感や光の通った柔らかな光を体感することができなくなってしまいます。

リネンカーテンを使用する際は、遮光性よりも光を通す素材感をぜひ楽しんでいただければと思います。

 

光が通しやすいから寝室には使用できない?

リネンカーテンは、先ほどお伝えした通り光を通します。 その為、「寝室には向かないのでは?」なんて思われる方も少なくはありません。

今は、働き方も様々で夜中に働き、昼間に寝られる方も少なくないと思います。 確かに、昼間寝る方で光を絶対に通したくないという方にはおすすめはできません。

しかし、そうではない方やお子様のお部屋等にリネンカーテンを付けることはとってもおすすめです。
リネンカーテンは陽の光を柔らかく通す特徴があります。 朝、太陽光が入れば自然と目を覚ますことができます。リネン生地を通した柔らかんな光を浴びながら朝を迎えるのはとっても気持ちがいいんです。

人には体内時計があり、自然と調和した生活リズムを作るだけでも日々の体の負担を和らげます。 特に、子供のころは体内時計を調整している大切な時です。遮光のカーテンではなく、あえて自然光が柔らかく入るリネンカーテンがおすすめなんです。

 

外からの見える透け感は大丈夫?

最後に、これもリネンカーテンをご使用するにあたり気になるところです。

リネンカーテンを閉めた際に、外からの視線はどうなのかも不安に思うところですよね。
リフリンのリネンカーテンは、透過率の検査も行っています。
生地の色や厚みで多少変わりますが、透過率14%~8%の値となっており一般的は遮光機能がついていない生地とあまり変わりません。

夜、室内の光がついているのはわかりますが、人影はよほどカーテンの近くへ行かなければわかりません。 夜は室内から漏れるリネンカーテンを通した柔らかい温かみある光で帰宅する家族をより安心させてくれるのではないでしょうか。

リネンカーテンは、強い遮光性はありません。 しかし、それ以上にリネン生地を通した室内に入る柔らかい陽の光はとても幻想的です。 ぜひ、自然素材のリネン素材を楽しんでお使いいただければと思います。

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------