インテリアコーディネート 色が持つ特性

こんにちは。

これまで、インテリアのコーディネートパターンのお話をしてきました。 大まかですが色についてもご紹介しましたが、中でも色の明度と彩度について、本日は少し詳しくご紹介したいと思います。

インテリアコーディネート 色が持つ特性 目次

  • 色の明度・彩度の復習
  • 空間の印象はトーンで左右される
  • 明度と彩度の違い

色の明度・彩度の復習

これまでもご紹介してきました色の基礎の復習です。 色には大きく分けて「有彩色」と「無彩色」に大きく分けられます。
・有彩色・・・赤・青・緑など3属性(色相・明度・彩度)が組み合わさった色。
・無彩色・・・色味のない白やグレー・黒のことで色相も彩度もなく、明度の尺度だけで表現されます。

この中には色の属性もあり「色相」・「明度」・「彩度」の3属性があります。また、その3属性を元に色を分類・整理されています。
・色相・・・赤・青・緑など色味の違いを表す属性
明度・・・色の、明るさを表す属性  
・彩度・・・色の鮮やかさ、強さを表す属性

色の仕組みの図今回は、その中でも今回は「明度」と「彩度」に重点を置いてお伝えしていきます。

空間の印象はトーンで左右される

_MG_3865

空間の印象は、それぞの色にも左右されますが色のトーンも非常に左右されます。

そもそもトーンとはなんでしょうか? トーンとは、「明度」と「彩度」を組み合わせた色の色調(色の系統)のことを言います。 つまりは明度と彩度が似ている色を集めてグループにしたものを「トーン」といいます。

例えば、同じ赤色でも明るい赤色から暗い赤色だとかなり印象も違ってくると思います。 次からは、より分かりやすく「明度」と「彩度」に分けてご紹介していきます。

明度と彩度の違い

【明度の違い】…色の明るさを表す属性

%e6%98%8e%e5%ba%a6

 

 

 

【彩度の違い】…色の鮮やかさ、強さを表す 属性

%e5%bd%a9%e5%ba%a6

 

 

 

上の図からも、「明度」と「彩度」が違うと同じ色でもだいぶ印象が違ってきます。 インテリアを選ばれるときにお部屋に合った色を選ぶだけではなくどんな「トーン」を選ぶかも大切です。
特に色は、パソコンの画面や写真では見え方や印象も変わってきます。 長く使う家具・カーテン・ラグを選ばれる際は、実物を見てから揃えることをお勧めします。 次回もまた、色このとついてご紹介していきます。

下のブログもコーディネートについてご紹介しています。ご覧になってみてください。

家具・カーテン・ラグのカラーコーディネート
家具・カーテン・ラグのカラーコーディネート第2弾

 

【ハグみじゅうたん オンラインショップ】

肌ざわりの良い自然素材ウールのじゅうたんで『おうち時間、もっと快適』

ハグみじゅうたん - ロハスな手仕事ラグ 天然ウール素材の絨毯・カーペット

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------