絨毯やラグ・カーペットにダニがたくさんいると思っていませんか?

投稿日:2023年2月23日 更新日:2023年2月23日|カビ対策 / ダニ対策

梅雨入りももう目の前。
ハグみじゅうたんの事務局のある新潟はまだ梅雨に入りそうもありませんが、湿度が高い日が続いています。気温と湿度が高くなるこれからの季節、気になることと言えば・・・ダニ対策

「お部屋に敷きつめるカーペットからダニは出やすいのでは?」
「絨毯にもダニが出るの?」
「部分敷きのラグはダニが出にくいの?」
「カーペットかゆい原因はダニ?」

皆さん、絨毯やラグ・カーペットにはダニがたくさんいると思っていませんか?

フローリングだけの方がお掃除が楽だし、ダニも発生しにくい・・・
でも室内にハウスダストが舞わないようにしたい、空気を衛生的にしたい・・・
本日は、そんな風に思っている方に参考になるお話をご紹介したいと思います!

ハグみじゅうたん公式サイト

▲初めてハグみじゅうたんを知った方は是非こちらからご覧ください 【ハグみじゅうたん 公式ホームページ】

 

絨毯やラグ・カーペットにダニがもともといるわけではありません

「カーペットはダニの温床」
「カーペットのダニが小児ぜんそくの原因」

そんな風に思っている方は多いのではないかと思います。ですが、ダニはもともと絨毯やカーペットにいるわけではありません。

ダニとアレルギー発祥の関係を調べた西宮市環境衛生局(兵庫県)の調査結果や大学・病院の研究報告などにより、「カーペットのダニ」の検証がされています。

西宮市の報告によると、
「小児ぜんそくなどのアレルギー症状の原因のひとつがダニであることは事実であるが、そのダニの最大供給源は、布団などの寝具から空気中に舞い上がったダニが犯人で、床材素材とは免疫学的には無関係である」
と結論付けています。

~日本カーペット工業組合 「新・カーペットはすばらしい」より抜粋~

最近布団クリーナーのCMを良くみるのは、「ダニ対策はまず布団から」という認識に変わってきているからかもしれませんね。

床材別の調査でも、カーペットよりも揮発性有機化合物を多く含む「コルク」や「塩ビタイル」のほうが、アレルギー疾患の有症率が高いのだそうです。
スウェーデンでは、「カーペットがアレルギーを引き起こす」という疑いがあがり、調査を実施したところ・・・
教室がカーペット敷きの学校 と そうでない学校とでは、カーペットを敷いていない学校の方がアレルギー患者の割合が多かったそうです。

各床材の面積とアレルギー患者数との関係

各床材の面積とアレルギー患者数との関係
JCM 日本カーペット工業組合様「カーペットでハウスダスト対策!」(動画)より

カーペットを敷いていない室内のほうが、埃やチリなどのハウスダストが空気中に舞いやすくなり、身体に入り込む確率が高くなるからではと推測されます。ある程度のグレードのレストランやホテルでカーペット敷きが多いのも、塩ビのクッションフロアーより空気中に埃やチリが舞わないから、と聞いたことがあります。

▼▼▼ カーペットを敷いていない学校の方がアレルギー患者の割合が高い理由はこちら

ラグやカーペットの機能 埃を舞い上がりにくくする!ダストポケット効果

 

ダニが繁殖しやすい環境 ダニの好物とは?

そもそも、ダニが繁殖しやすい環境とはどんなものでしょう?

「高い湿度」
「エサ」
「潜り込む場所」

この 3つがダニの生息条件と言われています。

◎湿度
手機(てばた)織りや手織りで造られた「ハグみじゅうたん」は通気性の良い絨毯です。裏面を揮発性有機化合物を多く含む接着剤、ゴムやラテックスで固める処理をしていません。

肌に直接触れる絨毯の表面に天然素材ウールを贅沢に使用するだけでなく、ダニがより生息しにくいように裏面の仕様にも通気性をもたせ通年使用できる造りを心がけています。そしてウールは湿気を吸ったり吐いたりしてお部屋の空気を快適に保ってくれる調湿作用もあります。

湿度の高い時はウール特有のニオイがする場合があり、湿度が高いというサインを出してくれます。
湿度の高い時には換気をしっかりしていただき、時々でよいので半分づつ裏返して裏面にも風を通してあげてください。それがダニ対策にもなります。

半分ずつめくって風を通します

夜寝る前に半分めくっておくのがオススメ

半分ずつめくって風を通します

次の日は反対側をめくって寝ます

半分ずつめくるだけ、とっても簡単ですね♪

天然素材は呼吸するからこそ。ウールのラグに裏地をつけない合理性

▲裏地を付けていないハグみじゅうたんは通気性が良い絨毯です。

また、時々で良いので裏面にも掃除機をかけてあげてください。ラグや絨毯、カーペット等の敷物と床の間には、意外にゴミやホコリが溜まっていることがあります。これはホコリやハウスダストが空気中に舞わないようにするラグや絨毯の大切な役目でもあります。
裏面のゴミやホコリなどをきれいにしてあげると、より湿気がこもりにくくなりますよ。

ウール(羊毛)のラグから湿気をとる方法

▲日常の湿気対策はこちらの記事をご覧ください。

◎エサ

ダニの好物は人間やペットのフケやあか、髪の毛など。食べこぼしなども大好物で、ダニにとって栄養満点のエサになります。
ですから、定期的な掃除はとても重要です。
ハグみじゅうたんは手仕事で織り上げたとても目が詰まったじゅうたんです。ゴミやホコリ、食べかすなどがじゅうたんの毛足の奥まで入り込みにくいので、日常的に掃除機掛けをしていれば、ダニの温床となる「エサ」がじゅうたんにたまってしまうことが少ないのです。

そして裏面には接着剤など極力使用せずラッテクスやウレタンなどの裏面張りをしていないので細かいハウスダストは絨毯を通り越して裏面からろ過され床との間に溜まります。ここを定期的に掃除機かけすれば空気も綺麗でより快適な生活空間が保てると思います。

掃除機かけ

こまめな掃除機掛けが大切

◎潜り込む場所

ラグや絨毯、カーペットなどの敷物は「潜り込む場所」としてはうってつけです。ダニのように小さな生き物には潜り込み放題です。布団や枕、毛布などの寝具も同様です。
ですが、湿度とエサに気を付けていれば、「潜り込む場所」だけあってもダニが繁殖することは少ないでしょう。通気性が良く、湿気が溜まらなければダニは出にくいのです。

そう、ダニが好むこれらの条件を満たさないことが重要なのです!

ウールラグ、絨毯のダニ対策 ~スチームアイロンの使い方

▲今いるダニはどう退治したら?という場合はスチームアイロンが強い味方!

 

playlist_add_check絨毯やカーペットにはダニがたくさんいると思っていませんか? まとめ

 ダニはもともと絨毯やカーペットにいるわけではない
 ダニの生息条件を満たさなければダニは増えにくい(こまめな掃除と湿度対策)
 ハグみじゅうたんは湿気がこもりにくい、ゴミやホコリが毛足の奥まで入りにくい

ラグや絨毯、カーペットにはもともとダニがいるわけではありません。
こまめな掃除機掛けと湿気対策でダニが繁殖しづらい環境を心がけましょう!

 

ウールラグ・絨毯の防虫対策!虫食いを防ぐかしこい保管方法


▲夏は模様替えするからラグや絨毯はしばらく保管するという方へ

 

【 ナチュラルインテリアのお店 ボー・デコールオンライン】

ハグみじゅうたんグループ「ボー・デコール」のオンラインショップ。安全安心にこだわった自然素材の家具、カーテン、ラグ、雑貨を取り揃えています。

自然素材のラグ、リネンカーテン、ナチュラルインテリアのお店 ボー・デコール

▲ハグみじゅうたんグループの 自然素材のラグ、リネンカーテン、ナチュラルインテリアのお店

 

【ハグみじゅうたん オンラインショップ】

肌ざわりの良い自然素材ウールのじゅうたんで『おうち時間、もっと快適』

ハグみじゅうたん - ロハスな手仕事ラグ 天然ウール素材の絨毯・カーペット

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------