ハグみじゅうたんの色が違う…ように見えるのは何故か。

「届いたハグみじゅうたんの色が違います」

最近お客様から頂いたお言葉です。

ハグみじゅうたんは天然素材であるウールを手仕事で染めており原料となる羊の毛も色の濃いもの薄いもの様々です。
羊の毛そのものの色が違うと同じ色の染料を使っても全く同じ色に染め上げることはできません。
例えると、白い画用紙と黒い画用紙に赤色の絵の具を塗るとどうなるでしょうか。
皆様が想像された通り全く同じ色にはなりません。

そんな自然素材の風合いをハグみじゅうたんは個性とお伝えしております。

家具やじゅうたん、ラグを購入し家に届いた時に、ん?思っていたのと違うなあ、なんてことは皆さんも一度は感じたことがあるかと思います。
決して安いものではないだけにそこは賢く選びたいですよね。

今回はハグみじゅうたんをご購入される際に確認していただきたいポイントをご紹介したいと思います。

ハグみじゅうたんの色が違う…ように見えるのは何故か。 目次

  • 照明の「色」
  • 日中の「日当たり」
  • 毛足の「向き」
  • ハグみじゅうたんの色が違う…ように見えるのは何故か。 まとめ

照明の「色」

まず確認していただきたい点は、ハグみじゅうたんを敷かれる予定の部屋に使われている照明の色です。
「電球色」「昼白色」「昼光色」といった言葉は皆様も見聞きしたことがあるかと思います。

メーカーさんにもよりますが、照明の色は主に3~5色に大別されます。
照明の色によって同じじゅうたんでも見え方が全く異なることも少なくありません。
下のじゅうたんを例に見てみましょう

ER6164

てざわりCOLLECTIONシリーズ ER6164


ハグみじゅうたんで一番人気のこちらのじゅうたんは照明の色が違うだけでこんなにも違うものに見えます。


上の写真はご家庭のリビングなどでよく使われる昼白色の電球です。
じゅうたんの上下の白っぽい部分が真っ白に見えます。
対して下の写真はいかがでしょうか。
一般的に電球色と呼ばれている暖色系の照明の色で、主に和室や寝室などリラックスしたい場所に多く使われることがあります。
全体的に暗い印象がありますが、上下の白い部分は若干黄色みがかって見えます。

昼白色は自然の光に一番近い照明の色といわれています。
お店でご覧いただく際にはご自宅の電気の色と合わせるだけでなく、自然の光が当たるとこう見えるんだなあというところも考えてみていただくとさらに良いかと思います。

日中の「日当たり」

次に気にしていただきたい点としては、日当たりです。
最初にあげた照明の「色」は主に夕方以降、電気をつけて生活する時間帯がメインになってくるお話でしたが、こちらは日中のお話になります。

写真の上側が日向で下側が日陰です。
日向のほうが白っぽくなっており、色の濃淡が鮮明に出ます。
対して、日陰のほうは、暗くなっている分色の濃淡が優しく見えるようになります。
お部屋の日当たりによって同じじゅうたんでも別物のように色が濃く見えたり、逆に薄く見えたりするのもハグみじゅうたんの楽しみ方のひとつだとお話させていただきますが、やっぱりそのお部屋にあったものがいいですよね。
お店で見る際には、是非とも直接日光に当ててみていただきたいです。
もしお店に直接日の当たる場所がない場合には、1番目にお話した昼白色の照明に当ててみてください。

毛足の「向き」

最後にご紹介させていただくのが、毛足の「向き」です。
過去のブログでも何度かご紹介させていただいておりますが、ハグみじゅうたんには毛足の流れる向きがあります。
ておりシリーズではよく感じることができますが、よく見るとてざわりシリーズにもあります。

もしご購入されたじゅうたんの色味がお店で見たものと違うなと感じたら反対方向から見てみてください。
ハグみじゅうたんは光の当たり方によって色んな表情を見せてくれます。

天気がよく日が入ると、光を反射してとても鮮やかな顔になります。
夜になり、お部屋の電球色で柔らかく温かい顔になります。

天然素材で作られたハグみじゅうたんは生産工程だけでなく、お客様がお使いになるそのお部屋に敷かれ、そこで一点物になるじゅうたんだと私は思っています。
そのお部屋の照明や差し込む日差しが、ハグみじゅうたんの個性を引き立て、そのお部屋の一部に溶け込む。
そんな風になったら素敵だと日々ご紹介をしています。

あるお客様が、
「お友達のお家に遊びに行ったら自分の家のハグみじゅうたんと同じものが敷いてあった。
でも、自分の家にあるものの方が素敵だと思った」
そうおっしゃっていました。
そのお言葉をいただいた時に、そのハグみじゅうたんがお客様のお部屋で、心の中で1点物になっていることを感じ非常にうれしい気持ちになりました。

もっと多くのお客様にそういった気持ちになっていただけるように、まずはお店でのじゅうたんを見る際のちょっとしたコツをご紹介させていただきました。

お店では、❝そこで1番よく見えるように❞展示されています。
ショーケースの中ではものすごくきれいに見えた宝石をいざ外で身につけたら思った以上に目立たなかったなんてこと感じたことがある方もいらっしゃるかと思います。
そこでよく見えることは、当たり前なんです。

だからこそ、お店で選ぶ際には事前に敷く場所の照明に色や、日当たりの向きなどもお部屋のインテリアと合わせて確認してからご来店いただきたいのです。

そこから、それが自分のお部屋に来たらどう見えるかを想像しながら、家は照明が何色だからそれに近い色の照明の下で見せてもらったり、日当たりがいい部屋だから窓際でみたいです、など、お店で選ぶところから楽しんでいただければ幸いです。

お店にはほかにも、❝そのお店がセレクトした家具❞がまわりにありますが、自宅には❝お客様がセレクトしたお客様の好きな家具❞があります。
ただでさえお店で1番よく見えたものが自分の好きな家具に囲まれたら、
そこがダントツで1番ですよね!

playlist_add_checkハグみじゅうたんの色が違う…ように見えるのは何故か。 まとめ

敷く場所の照明の色を気にしてみる
お店でみるときはできるだけ敷く部屋に近い明りでみるとイメージしやすい
光のあたりかたで自分だけの1点ものが生まれ、それが愛着につながります

 

【ハグみじゅうたん オンラインショップ】

肌ざわりの良い自然素材ウールのじゅうたんで『おうち時間、もっと快適』

ハグみじゅうたん - ロハスな手仕事ラグ 天然ウール素材の絨毯・カーペット

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------