オールシーズン使えるラグはどう選ぶ?1年中快適に過ごすために

投稿日:2023年4月3日 更新日:2023年7月4日|絨毯・ラグ・玄関マットの基礎知識

季節が変わるごとに毎年ラグを敷き替えるのは面倒ですよね。使用しないラグの収納場所に困るという方も多いでしょう。オールシーズン向けのラグなら模様替えの必要がなく、1年を通して使えます。

今回は、オールシーズンで使えるラグの選び方と、通年使いに適したおすすめラグをご紹介します。1枚のラグで1年中快適に過ごしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

オールシーズン使えるラグとは

オールシーズン使える青いウールの絨毯が敷いてある
オールシーズンに対応したラグとは、季節を問わず365日使用できるラグのことです。

オールシーズン使えるラグの特徴は、主に2つあります。

 吸湿性や保温性に優れ、季節が変わっても肌触りの良さをキープできる

 インテリアに馴染む色やデザインを備えている


夏のジメジメした時期と冬の寒い時期では「ラグを使い分けなくていいの?」と、心配になるかもしれませんが、オールシーズンで使えるラグなら敷きっぱなしでOKです。

オールシーズン快適なラグの選び方

オールシーズン快適に使えるラグの選び方について詳しく解説します。

素材を選ぶ

保温性・調湿性のあるウールラグハグみじゅうたん

夏もサラッと気持ちが良いウールラグ


「夏場に蒸れる」「冬は寒い」というラグでは1年中使えないため、吸湿性や保温性のある自然素材の綿やウール素材のラグを選びましょう。やわらかな肌触りの綿は吸水性や吸湿性が高く、ふわっと心地良いウールは調湿効果や保温性が高いため、夏涼しくて冬はあたたかです。合成繊維の中でもマイクロファイバーを含んだ肌触りの良い素材もありますが、夏場は蒸れを感じてしまうので要注意です。

通年で使い続けるなら、お手入れしやすい素材選びも大切です。毛足の長いシャギーのラグは人気がありますが、夏場には暑く感じやすく、細かいゴミや髪の毛、食べこぼしなどが絡みやすいため掃除に手間がかかってしまいます。掃除機のかけ方によっては毛足を傷めてしまう可能性も。

一方、毛足の短いラグはゴミが絡みにくいためお手入れしやすく、毛足の長いラグよりデザインの主張が強くないためインテリアに馴染みます。洗えるタイプを選ぶと、より便利に使えるでしょう。

色・柄を選ぶ

ラグはインテリアの中でも目に入りやすく、部屋の印象を大きく左右します。そのため、オールシーズンで使うラグ選びでは、色や柄にもこだわりたいところです。また、ラグとフローリング、家具の色との相性も大切です。

青と緑のラグがリビングに敷いてある様子

真夏の青空のようなデザインのラグ


ベージュやグレーといったナチュラルカラーやアースカラーは、季節を問わずに使いやすい色です。明るめのフローリングならアイボリーやベージュ、濃いめのフローリングならグリーンやネイビーといった深い色彩のラグを選ぶと、インテリアにしっくり馴染みます。

また、数種類の色が合わさって織られたストライプやグラデーションのラグなら、インテリアが何色でも調和を取りやすく、それぞれの季節に合った空気感を演出してくれるでしょう。

ストライプやグラデーションラグの実例はこちらでご紹介しています。
ラグ1枚からお部屋をお洒落に~ハグみじゅうたんで気軽にカラーコーディネート~

機能性を選ぶ

絨毯のお手入れ
一年中敷きっぱなしで使用するラグは、お手入れがしやすく耐久性に優れている素材が適しています。

綿は丸洗いできますが、水を吸うととても重たくなるため、ラグのサイズによっては自宅での洗濯は簡単ではありません。

一方、ウールは汚れが落としやすく、特に気になる汚れ等がなければクリーニングは出していただかなくて大丈夫です。耐摩耗性はナイロンよりも劣るものの、ウールは使い込むほどに味わいが増し、万が一家具などで跡をつけてしまってもスチームをあてればふっくらと元に戻ります。

なお、冬にホットカーペットや床暖房を使用する際は、熱に強いラグかどうかも確認しておきましょう。春夏の時期に販売されているラグはホットカーペットに未対応の場合があるため、注意してください。

オールシーズンで使うなら断然ウールラグ!

青色のウールラグ
オールシーズンで使うラグとしておすすめなのは、天然素材のウール(羊毛)で織られたラグです。保温性の高いウールは冬向けの素材だと思われがちですが、実は1年を通して快適に使える素材。ラグはウールが一番というこだわり派の人もいるほど、根強い人気があります。

ウールが他の素材よりも優れているのは、その吸湿性の高さにあります。綿の約2倍、ポリエステルの約40倍もの吸湿性があり、湿度が高いときには湿気を吸収して乾燥時には含んだ水分を放出する放湿機能を備えています。そのため、汗をかきやすい季節や湿気の多い時期でも快適に使えるのです。

1年中快適に使えるウールラグについては、下記でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
通年使えるウールラグ。新生活の始まりに揃えてみませんか?
ウールラグってどう違う?素材の魅力やメリット、使用時の注意点を解説

1年中快適に使えるウールラグ「ハグみじゅうたん」

ておりCOLLECTIONLR435A

ハグみじゅうたんLR435A


ウールラグの種類は数多くありますが、その中でも素材や色合いにこだわって丁寧に織り上げられた「ハグみじゅうたん」は特におすすめです。天然素材ならではの通気性や吸湿性・保温性があり、1年中敷いたままでも肌触りが良く、使い込むほどに味わいが増してきます。

ここでは、オールシーズン心地良く使えるハグみじゅうたんの特徴をご紹介します。

夏はサラッと快適、冬はじんわりとあたたかい

オールシーズン使えるウールラグの上で子供が走っている
絨毯というと夏の使用は暑苦しいイメージがありますが、ハグみじゅうたんは真夏でもサラッとした肌触り。ウールには冷房の冷気を蓄えて汗や湿気を軽減する効果があるため、ゴロゴロと寝転がってのお昼寝も、ひんやりとして快適です。夏になると表面がベタベタする合板のフローリングの足触りが気になるときでも、ハグみじゅうたんを敷いておけば、さらりとした感触で涼やかに過ごせます。

秋冬の寒い季節には繊維の間に空気を含み、高い保温性でふんわりと包み込むような温もりを与えてくれます。これは、ウールに備わっているクリンプと呼ばれる熱を遮断する構造によるもの。熱伝導率は綿の1/2、化学繊維の1/5と、外気温に左右されにくいため冬暖かく過ごせるのです。

夏も快適に過ごせるハグみじゅうたんの魅力は、こちらで詳しく解説しています。
ハグみじゅうたんも快適!夏でも気持ち良いインテリアとは

ホットカーペットが使える

こたつの下に虹色のハグみじゅうたんが敷いてある様子

ホットカーペットやこたつでも使用可能なハグみじゅうたん


ハグみじゅうたんは、調湿機能のあるウールの特性を最大限に活かすために、化学繊維のラグに使用されているような裏地を付けず、接着剤や滑り止めのゴムも使用していません(※自然由来の糊はごく少量使用しております)。そのため、熱による劣化や溶ける心配がなく、ホットカーペットでも安心して使用できます。床からの熱がじんわりと足裏に伝わって、スイッチを切っても高い保温効果であたたかさをキープしてくれるのです。

ハグみじゅうたんがホットカーペットで使える理由については、こちらで詳しく解説しています。
オールシーズン使えるハグみじゅうたん ホットカーペットは使える?

ウールラグでオールシーズン快適に暮らそう

オールシーズンで使えるラグの条件は5つ。

 夏はさらりとして冬は熱を逃がしにくい

 湿気の多い季節もベタつかない

 汚れにくい・洗濯できる

 季節を問わずインテリアの雰囲気を高めてくれる色合い

 ホットカーペットに対応している


オールシーズンで使えるラグなら、1年中快適に使えて、季節に合わせてラグを交換する手間も要りません。しかも、必要に応じてお手入れや洗濯をするだけという手軽さです。
ナチュラルな雰囲気のおしゃれな絨毯
ウール素材のハグみじゅうたんは、自然素材ならではの高い調湿性能を持ち、汚れが付いても比較的落としやすいため、春夏秋冬どの季節でも快適にお使いいただけます。ホットカーペットや床暖房にも対応しているため、寒さが厳しい時期でも安心です。

やさしい色合いと心地良い肌触りのハグみじゅうたんをお部屋に取り入れて、オールシーズン快適に暮らしませんか?
ハグみじゅうたん 公式オンラインショップ

 

【ハグみじゅうたん オンラインショップ】

肌ざわりの良い自然素材ウールのじゅうたんで『おうち時間、もっと快適』

ハグみじゅうたん - ロハスな手仕事ラグ 天然ウール素材の絨毯・カーペット

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------