ウールのラグ、夏はどう保管すればいいですか?

 
 夏も使えるウールのラグ、ハグみじゅうたん!

ウールのラグ、夏も使ってます!ハグみじゅうたんてざわりシリーズ

ですが、やはりヒンヤリ感を楽しみたいので、夏場は籐や竹のラグを敷きます、というお客様もいらっしゃいます。
「ハグみじゅうたん、夏の間どんな風にしまえばいいですか? 気を付ける事はありますか?」

急に暑くなってきた今、よくいただく質問です。

ハグみじゅうたんだけでなく、ラグの保管に関しての基本は……「とにかく湿気をこもらせない事」です!

湿気がこもるとラグは痛みます。湿った環境で長く放置すると、雑菌が繁殖したり、ダニが居付いてしまう可能性があります。

今日は、ラグの理想のしまい方をご紹介いたします。

ウールのラグ、夏はどう保管すればいいですか? 目次

  • 1.掃除機掛けをする
  • 2.天日干しをする
  • 3.畳む事もできますが、ロール状がオススメ
  • 4.袋等にはいれない
  • 5.風の通るところで保管

 

1.掃除機掛けをする

雑菌が繁殖する条件は、『エサになる有機物』と『湿気』。表面についたゴミをしっかり掃除して、エサになる可能性がある有機物をしっかり取ってあげましょう。できれば裏表両方かけてあげてくださいね。

【ハグみじゅうたんのお手入れ】日常のお手入れ編[動画あり]

▲ 基本の掃除機掛けについて動画でご紹介しています

 

2.天日干しをする


日光にあてて、内部の湿気をとりましょう。ベストタイムは、1、2日間晴れた後の日の、午前10時から14時です。2~3時間程度干してあげてください。(長時間の天日干しは色褪せの原因になりますので避けましょう)

【ハグみじゅうたんのお手入れ】天日干しと色褪せについて

▲ 天日干しによる効果と影響についてご紹介しています

 

3.畳む事もできますが、ロール状がオススメ

s-IMG_3742s-IMG_3741s-IMG_3740s-IMG_3739

滑り止めのゴム等ついていない為、ハグみじゅうたんは折り畳むことができます。
ですが、長期保管の時はシワがつきにくいロール状がオススメです。毛足のある表面を中にして、くるんであげてください。

 

4.袋等にはいれない

ラグを袋にいれたり何かで覆うと、湿気がこもって痛んでしまいます。何にもいれずに保管するか、あるいは湿気取りのシートを多めに同封してください。

ウールラグ・絨毯の防虫対策!虫食いを防ぐかしこい保管方法

▲ 長期間保管する場合は、防虫対策も頭に入れておいてくださいね

 

5.風の通るところで保管

押入れやクローゼットの中や床に直置きだと湿気がたまりやすい為、棚や椅子の上に横に置いていただけると理想的です。

※床も湿気がこもりやすい位置ですが、ラグとして広げて敷いておく分には問題ないのでご安心ください。

※縦置きだとシワになってしまう事がある為、できれば横置きが理想です。

時々広げて様子を見るなど、しまいっぱなしにしないことが大切です。

ウール(羊毛)のラグから湿気をとる方法

▲ ウールラグから湿気をとる方法

これらすべてをやりきらなければいけない、というわけではないので、出来る範囲で是非参考にしてみてくださいね。

 お問い合わせなどございましたら、お気軽にどうぞ♪

 

【ハグみじゅうたん オンラインショップ】

肌ざわりの良い自然素材ウールのじゅうたんで『おうち時間、もっと快適』

ハグみじゅうたん - ロハスな手仕事ラグ 天然ウール素材の絨毯・カーペット

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------