絨毯・カーペット・ラグの違いと失敗しない選び方を解説

絨毯とカーペット
リビングやキッチンなどの「床に敷くもの」といえば、絨毯(じゅうたん)やカーペット、ラグといったものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

この3つには「どのような違いがあるのか」「何を基準にカーペットなど呼び名を変えるのか」などがあり、一度は疑問を持ったことはありませんか?

そこで今回は、絨毯・カーペット・ラグの違いをはじめ、ステップ別の絨毯の選び方や、ハグみじゅうたんについてご紹介します。絨毯との違いを知ることで、自分に合ったものを選びましょう!

 

絨毯・カーペット・ラグは何が違うの?

絨毯やカーペット、ラグという呼び名は、サイズや敷く場所などによって変わります。それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか?

 

カーペット

カーペットは繊維製の床敷物全般を表す総称で、イメージとしてはオフィスや廊下の床全体に敷き詰められたもののことです。床をカバーする大きさが必要なので3畳より大きく、床全面に敷いているのが特徴です。

床全体を覆うカーペットは統一感や高級感、おしゃれさを演出できるため、オフィスやホテルのロピーや階段などで良く見かけます。

また、敷き替えやメンテナンスが難しく、掃除や劣化後の処理が大変というデメリットもあります。

 

絨毯

絨毯はカーペットの日本語訳なので、繊維製の床敷物であることや、3畳より大きいことなどはカーペットと同じです。

ただ、イメージとしてはペルシャ絨毯やパキスタン絨毯、中国段通など、手織りを中心とした織物を指すのが一般的で、ハグみじゅうたんも、この部類に入ります。

なお、ウールやシルクを素材として、一本一本手結びで織られているペルシャ絨毯や中国段通は、世代を超えて長く使えるのが特徴です。

 

ラグ

ラグは繊維製床敷物のなかでも3畳未満とサイズが小さく、部分的に敷くものを指します。一般的にはリビングに敷くものを「ラグ」といい、玄関やキッチンに敷くものは「マット」と表現します。

ラグは安いものもあり、交換やメンテナンスも容易です。ラグを敷くだけでインテリアや空間の一体感を演出できたり、敷き替えて季節感を楽しんだりするなど、さまざまな使い方ができるのが特徴です。

 

【ステップ別】絨毯・カーペット・ラグの選び方

赤ちゃんでも安心天然素材絨毯

カーペット・絨毯・ラグ、それぞれの違いがわかったところで、次に知りたいのは「選び方」ではないでしょうか。

実は、選び方には「決める順番」というポイントがあり、これを間違えてしまうと場合によっては買い直さなければいけないこともあるのです。

ここでは多くのお客様を見てきた経験豊富な事務局のスタッフが、ステップ別に絨毯・カーペット・ラグのおすすめの選び方をご紹介します!

 

ステップ1.誰とどんな風に過ごしたいかイメージする

まずは家族構成やライフスタイルから、絨毯やラグなどに求めるものを決めましょう。

例えば、小さなお子様がいるご家庭なら、「転んだときにしっかり受け止めてくれる厚みのあるふかふかタイプが必要」、あるいは「アレルギーがあるから絶対に自然素材がいい!」などの希望があるかもしれません。

ほかにも「ゴロゴロしたい!」「ソファーで過ごすことが多いから、ラグは足元だけで良い」という方もいるでしょう。

誰とどんなふうに過ごしたいかによってその後の選ぶ基準が異なるため、通販などで購入する際は細部から決めるのではなく、購入する目的をしっかり考えてイメージすることが大切です。

 

ステップ2.敷く場所を選ぶ

ステップ1.でイメージができたら、絨毯やラグを敷く場所を決めましょう。

リビングにあるテーブルの下に敷く、ソファの前に敷く、ダイニングテーブルの下に敷くなど、ステップ1.で考えたイメージをもとに決めていきます。

絨毯やラグを敷く場所によって大きさや機能性、色や素材など選ぶものが変わるため、ここでは具体的に決めておくことをおすすめします。

 

ステップ3.柄・カラーを選ぶ

絨毯やラグの柄・カラーは種類が豊富で、黒、白、グリーン、ベージュなどたくさんあるため、どれを選べば良いのか迷う方が多いようです。

選ぶポイントとしては、絨毯やラグを敷きたい部屋に対し、視覚的要素の強い柄とカラーは1つに絞るということが重要です。

絨毯やラグの柄・カラーを部屋のアクセントとして考えるほか、家具やソファなどとの統一感を考えて、自分に合ったおしゃれなものを選ぶとよいでしょう。

 

ステップ4.機能性や素材を選ぶ

絨毯やラグには、「防ダニ加工」・「防音カーペット」・「抗菌防臭機能」・「防炎加工」など、毎日の生活を快適にする機能が備わっているものもあります。

ただし、加工処理が行われると薬品を使う処理されるので、化学物質過敏症の方にはおすすめできませんので、事前に確認しましょう。

例えば小さなお子様がいるご家庭なら、防ダニ加工付きや防音カーペットを選ぶことで、安心・安全に生活できるでしょう。

機能性を選ぶ際は、「絨毯やラグを敷く場所に必要な機能性は何か」ということを考えて決めるのが大切です。

また、絨毯やラグの素材としては、耐久性に優れたナイロンをはじめ、安価で流通量が多いポリエステルやポリプロピレン、ウールのような風合いのアクリルなどもありますが、おすすめは天然素材のウールです。

天然素材ならではの特徴として、夏は涼しく冬は暖かいという機能に加え室内の湿度調整にも役立つことから、ウールは絨毯の素材として高い人気があります。

 

ステップ5.サイズを選ぶ

絨毯・ラグ選びの最終ステップでは、部屋全面に敷くのか部分敷きにするのかなど、サイズを決めていきます。

6畳以下の部屋なら部分的に敷くラグ(3畳未満の大きさ)を選んだほうが、バランスが良くずれることが少ないのでおすすめです。

最適なサイズがわからない場合は、遠慮なくスタッフに相談しましょう。豊富な経験をもとに、イメージや目的に合ったサイズを教えてくれますよ。

もし既製のサイズがない場合には、必要なサイズに合わせてカットしてくれる、サイズオーダーカットを検討するのもよいでしょう。

 

天然素材にこだわったハグみじゅうたんの商品とは?

天然素材の絨毯が敷かれている部屋

ここまでのところで絨毯・カーペット・ラグの違いや、選び方のポイントについてご紹介してきましたが、参考になったでしょうか?

ここからは、天然素材のウールにこだわった「ハグみじゅうたん」のなかから、人気の高い商品をご紹介します。

 

てざわりシリーズ / てざわりCOLLECTIONシリーズ

ハグみじゅうたんてざわりコレクションシリーズ
寝心地、座り心地にこだわり、上質な天然のウール素材で織った厚みのあるじゅうたんです。手機織りのなかでも密度を細かくしているため、肌触りも楽しめるのが特徴です。

玄関S~LLまでキッチンマットも含めて9つのサイズ展開がある「てざわりシリーズ」と、玄関S~LLまで6つのサイズ展開がある「てざわりCOLLECTIONシリーズ」は、どちらも約13mmの厚みがあるため、リビングのほか子供部屋のラグとしてもおすすめです。

なお「てざわりCOLLECTIONシリーズ」は、「てざわりシリーズ」よりも織り柄が繊細で美術性も兼ね備えている絨毯です。

てざわりシリーズ・てざわりCOLLECTIONシリーズとも、お客様からは「手触りが良く、色の風合いもとてもナチュラルで素敵」「家族みんながハグみじゅうたんの上で過ごすことが多くなった」「温かな優しい風合いでリラックスした気持ちに包まれる」などのお声をいただいています。

 

ておりシリーズ

ハグみじゅうたんておりシリーズ
熟練の職人さんが手結びで織り上げる「ておりシリーズ」は、ハグみじゅうたんのなかでも最上級の絨毯です。

上質な肌触りを楽しめる、なめらかな風合いに仕上げた「ておりシリーズ」は厚さ約9mm、玄関SS~LLまで8つのサイズ展開があります。

夏もサラッとした使い心地でメンテナンスも簡単なので、リビングやダイニングのラグなど、寝転がる場所全般におすすめのオールシーズン使える一枚です。

お客様からは「出産をきっかけに、赤ちゃんの成長とともに長く使えて居心地が良いものをと思って選びました」というお声もいただいています。

 

ており2ndCOLLECTION

ハグみじゅうたんており2ndコレクションシリーズ
ておりシリーズの上質さはそのままに、長めの毛足にすることで触り心地により一層こだわりました。手結びで織り上げる美しい光沢と、水彩画のような繊細な色彩が特徴です。

ており2nd COLLECTIONシリーズは約14mmの厚みがあるため、リビングなど寝転がる場所全般におすすめの一枚で、M・L・LLの3つのサイズ展開となっています。

お客様からは「触り心地が良かったので決めた」「手触りが良く、赤ちゃんにも良さそうだと思って購入した」などのお声をいただいています。

 

リバーシブルシリーズ

ハグみじゅうたんリバーシブルストライプシリーズ
リバーシブルシリーズは麻のようなシャリ感が楽しめる少し固めの平織りタイプですが、表裏が同じ図柄なので、リバーシブルで使える絨毯です。

厚みを抑えてあるため、ダイニングテーブルのラグや学習机のフロアーマットとして使うのがおすすめです。

なお、リバーシブルシリーズには「リバーシブルstripe」と「リバーシブルyeni」があり、S・M・Lの3サイズ展開となっています。

また、「リバーシブルyeni」は伝統的なキリムをカジュアルに再現し、さまざまなシーンに合わせることができる絨毯となっています。

お客様からは「ストライプが素敵で、寂しかった部屋が明るくなった」「伝統的なキリムのデザインと、リバーシブルな点に目が留まりました」などのお声をいただいています。

 

自分に合ったものを選ぶことが大切!

絨毯やカーペット・ラグを購入するなら、自分に合ったものを選びたいですよね。まずはそれぞれの違いを知っておくことが大切ですが、選び方のポイントも忘れないようにしっかり覚えておきましょう。

 誰とどんな風に過ごしたいかイメージする
 敷く場所を選ぶ
 柄やカラーを選ぶ
 機能性や素材を選ぶ
 サイズを選ぶ

ハグみじゅうたん公式サイトへ

 

【ハグみじゅうたん オンラインショップ】

肌ざわりの良い自然素材ウールのじゅうたんで『おうち時間、もっと快適』

ハグみじゅうたん - ロハスな手仕事ラグ 天然ウール素材の絨毯・カーペット

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------