ウール(羊毛)のラグ・絨毯は滑りやすい?滑り止めを付けない理由

羊毛が本来持つ、汚れにくさ、弾力、調湿作用、なめらかな肌触り。
ハグみじゅうたんは羊毛の良さを生かすために、裏地にゴム等の滑り止めをつけていません。

呼吸をしない素材であるゴムを貼りつけてしまうと、羊毛が湿気を吸っても吐きにくくなってしまう為、絨毯の中に湿気が籠ってしまいます。
また、ゴムを貼りつける接着剤には揮発性の有機化合物が含まれる為、ハグみじゅうたんは使用しておりません。

基盤となる縦糸にコットンを使い、表に出て肌に触れる色糸にウールを使う。
糸の組み合わせだけで織り上げるからこそ、羊毛の良さを生かし、体感できる絨毯ができるのです。

しかし、裏地に滑り止めのゴムを貼りつけていない事によるデメリットもあります。
床との相性によっては、滑りやすい場合があります。

毛足のあるてざわりシリーズておりシリーズは、リビングで敷く大きなサイズであれば重さがあるので、お子様が走り回ったりしなければそんなに滑る事もありません。

ですが、毛足の無い平織のリバーシブル・ストライプやリバーシブル・イエニ、玄関マットのように小さなサイズのハグみじゅうたんは、動きやすかったり、滑りやすかったりする事があります。

o0800106713564257977リバーシブル・ストライプをダイニングで

o0800107113564253213ておりシリーズを玄関で

お手数ですが、滑りやすい場合は滑り止めのご使用をオススメしております。
材質は、床と絨毯の間に挟めるだけのフェルトタイプのものがオススメです。
ゴム素材のものや、貼りつけるタイプよりも床も絨毯も傷めにくく、通気性を確保する事ができます。
ホームセンターやネット等で販売されていますので、御入用の方は是非探してみてください。

【2016年10月3日加筆しました】
ハグみじゅうたんオンラインショップでは、皆様のご要望にお応えして フェルトタイプの滑り止め販売をスタートしました!

ノンスリップ効果で滑り事故を防止 non-slip-mat 滑り止めシート

滑り止めシートのサイズごとの使い方例などもご紹介しています。

ラグや絨毯の滑り事故を防止する おすすめの滑り止めシート 前編
ラグや絨毯の滑り事故を防止する おすすめの滑り止めシート 後編

ラグの滑り止めが床に張り付いて困ってしまったという経験のある方は、是非こちらの記事もご覧ください。

ラグの滑り止めが床に張り付いてしまわない為に

素材の良さを生かすからこそのメリットもあれば、デメリットもあります。
これからもハグみじゅうたんの特性を紹介していきますので、ご参考にしていただければ幸いです♪

お手入れ方法やその他、ご不明点等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

【ハグみじゅうたん オンラインショップ】

肌ざわりの良い自然素材ウールのじゅうたんで『おうち時間、もっと快適』

ハグみじゅうたん - ロハスな手仕事ラグ 天然ウール素材の絨毯・カーペット

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ハグみじゅうたん事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
【ハグみじゅうたん】事務局
TEL: 0250-22-0606
------------------------------------------------------